家計簿をつける

ノート
一人暮らしのQ&A

3ヶ月お金の流れを把握

家計簿の目的とは、お金の流れを把握することです。
その月の収支がいくらぐらいあり、支出はいくらあるのかを数値として把握するためにあり、支出でも何にいくら使ったのか明細を付けます。

お金の流れを把握するには、1日や2日では難しく、大体3ヶ月程度家計簿を付けると把握することができます。
まずはこの3ヶ月を目標として家計簿を始めてみて、ある程度の期間が決まっていれば取り組み安いでしょう。

お金の流れを把握することが目的なので、家計簿を付けなければらならいと意識を持つ必要はなく、まずは最初の1ヶ月を取り組んで行なってみましょう。
最初の1ヶ月を取り組むことが出来れば、自然と家計簿を続けて付けていけるようになります。

家計簿の付け方

家計簿と言えば、手書きで行うことが普通でしたが、今はパソコンを使ったり、スマートフォンを使って付けることも出来ます。

スマートフォンのメリットというと、商品を買った後すぐ入力出来る、アプリによってはカメラでレシートを読み取れる、銀行口座やクレジットカードも含めて管理をすることも出来る、明細を入力をするだけで集計や分析を行ってくれます。
ただし、アプリの種類が豊富で機能が異なるので、自分に合うアプリを探すのが苦労するでしょう。おそらく、いくつかの家計簿アプリを試すことになります。

パソコンのメリットというと、計算が楽に行える、必要に応じて自由に項目を設定出来る、修正が楽であるということがあります。
しかし、パソコンの前でしか作業が行えず、入力に手間がかかり、データが失われる可能性もあります。
また使いやすい家計簿にするには、自分に合うように設定していかないとなりません。

手書きのメリットは、お金の動きを記憶しやすく、スマートフォンやパソコンを扱うことに不慣れな人に向いており、紙さえ無くさなければデータを失うことがありません。
しかし、紙に書いた情報を集して計算しないとならず、銀行口座などのデータとも合わせてにくいです。

家計簿を付けるときのポイント

家計簿を付ける上では、目的はお金の流れを把握することで、家計簿の金額を1円単位で間違わずに付けることではありません。
1日に使った金額をおおよその額で計算しても構いません。
1日の終わりの飲み物に450円くらい食費に780円くらいと、大体の金額が分かれば大丈夫です。
最初はそのように大雑把でも良く、慣れたら1円単位で合わせるようにすれば良いでしょう。

家計簿は、家賃や保険などの毎月発生する固定費を家付ける必要もありません。
項目を細かく分ける必要もなく、支出の項目を細かく分けると手間になってしまいます。
項目が細かいと面倒だと感じてしまうので、項目は3つか4つ程度で良いです。
そして気楽な気持ちで付けていき、家計簿を付けないとならないと強制されるような気持ちで付けるならば、あまり長続きはしません。

秋原バラ
一人暮らしのQ&A
一人暮らしおすすめ駅-秋葉原駅編-

秋葉原について 秋葉原は昔はオタクの街、今はオフィス街などとイメージする人も多いですが、住む街という …

像
一人暮らしのQ&A
一人暮らしおすすめ駅-上野駅編-

上野について 上野は住環境が整った東京都内でも住みやすい街です。 駅周辺には百貨店やショッピングビル …

仏さま
一人暮らしのQ&A
一人暮らしおすすめ駅-高円寺駅編-

高円寺について 高円寺は住みたい街ランキングには入ることは少ないですが、住んでよかった街ランキングに …