自炊or外食 どっちがお得?

外食
一人暮らしのQ&A

自炊はお得

自炊しても1人分を作るのは高くなる、ということを言う人はいますが、これは自炊の仕方によって違ってきます。
結論を言えば、自炊する時に、買う食材を考えて料理を作れば、外食するよりも自炊の方が安くなるのは確実です。
そして自炊する場合でも、3~4人分をまとめて作る方が、その都度1人分を作るより光熱費も食材費も安くなることは間違いありません。

確かに一人暮らしして、食材を沢山買い料理を作っても、1人分しか作らず、人参やじゃがいもなどの野菜でも、または肉でも魚でも、食材が残ることはあります。
使った食材の残りを腐らせて捨ててしまえば、その分が無駄になるので自炊の方が高くなる可能性はあるでしょう。

基本的に、食材を使っても、腐らせ捨てる様がなければ、自炊の方が安いです。
さらには、野菜の葉や肉の皮など、食材を少し捨てる事になっても、自炊の方が安いです。
自炊だと、高い値段の刺身や肉など、高い物を買えば値段は上がりますが、そういう物を使わなければ、1食当たりの金額で見ても、自炊する方が安いです。

しかも自炊すると自分でどのような料理を作るか決めることができ、栄養バランス良い料理を作ることも可能です。
野菜を食べるのが少ない日が続けば、野菜たっぷりの料理にするなども出来ます。
味付けも自分好みに出来て、薄くしたり濃いめにしたり出来ます。

外食は高い

自炊をしている人でも価格の高い食材や、効率の悪い食材ばかり買うと、どうしても食費が高くなってしいます。

しかしコンビニや惣菜店で、弁当などを毎日3食買って食べると、安く見積もっても一日1千円程度。一ヶ月では3万円以上かかり、栄養バランスを考えて弁当や総菜を買おうとすると、さらに食費は高くなります。
ただし、1食100円や200円で済ませられる、学食や社員食堂など極端に安い所を利用するなら別です。

外食と言うと、ファストフードのハンバーガーで済ませたり、100円ショップのレトルト食品や冷凍食品を買えば、一食100円から200円ぐらいで済ませられます。
食費を抑えて、お腹を満せばいいだけであれば、自炊でなくても節約はでき、場合によっては自炊するよりも安く済むかもしれません。
ただし、栄養バランスが悪いので、若いときに何も体に影響なくても、年を取ると病気などになる可能性は高いです。

自炊ならば、「栄養バランスを意識できる」「自分の好みの味で料理できる」というメリットがあり、外食ではこのメリットはなかなか活かせません。
外食で美味しく栄養バランスの良い食べ物を食べるならば、それなりの対価を支払わなければならないのです。
ただ、忙しいときや時々外食するのは、気分転換にもなるので、良いかもしれません。

秋原バラ
一人暮らしのQ&A
一人暮らしおすすめ駅-秋葉原駅編-

秋葉原について 秋葉原は昔はオタクの街、今はオフィス街などとイメージする人も多いですが、住む街という …

像
一人暮らしのQ&A
一人暮らしおすすめ駅-上野駅編-

上野について 上野は住環境が整った東京都内でも住みやすい街です。 駅周辺には百貨店やショッピングビル …

仏さま
一人暮らしのQ&A
一人暮らしおすすめ駅-高円寺駅編-

高円寺について 高円寺は住みたい街ランキングには入ることは少ないですが、住んでよかった街ランキングに …