家電量販店での交渉術

新生活を始めるにあたっては、引越しから必要物の買いそろえなど、いろいろと費用がかかることも多いものです。
できるだけ賢く節約して、お得に済ませたいですよね。

そこで、ここでは新たに必要な家電製品を量販店で購入する際の、値引き交渉におけるポイントをご紹介します。

交渉相手を選ぶ

家電量販店でチラシを見比べたら、一番安そうな所に行って商品を確認、レジで精算、が当たり前と思っていませんか?
もちろんまずはそうした価格比較、相場把握が重要ですが、家電量販店では交渉次第で表示されている価格よりも、さらに安く購入することが可能なのです。
値引き交渉なんて恥ずかしい、自分にはできなさそうと思いこまず、ぜひチャレンジしてみてください。

まず、交渉相手になる店員を選びましょう。
量販店に行くと、メーカーからの派遣店員と量販店の社員店員とがいます。

メーカーからの派遣店員は、担当分野の商品情報などは非常に詳しいですが、値段を変更できる権利は無いことが多いので、交渉は量販店の社員店員を選んで行うのがポイントです。
メーカーから派遣されている人は、メーカーロゴの入った上着を着用していたり、そのメーカー名の入った名札や腕章をつけていたりするので、よく見れば見分けられます。
そうした特徴がなく、量販店の制服を身につけた店員、そしてその商品の売り場の担当者と思われる位置にいる人を選ぶとよいでしょう。

他店やネットの価格を把握しておく

さて実際の交渉方法ですが、近隣に同様の量販店があれば、その店頭価格や店員から聞き出した価格をチェックしておき、その値段より安くしてもらえるように頼んでみましょう。
チラシでもOKです。

アウトレット品などの場合はNGですが、通常商品であれば同じところまで下げてくれるか、それより少し安い値段までディスカウントしてくれます。
また他の商品で購入予定のものがあれば、それも一緒に買うので安くできませんか?と交渉するのも有効です。

別の店舗にはそのほしい商品はなかったけれど、こちらにはあるので安くしてもらえるなら一緒に買いたいと思って、などと揺さぶりをかけてみるとかなりな値引きに成功することもあります。

最近はインターネット価格よりも安くすることをうたっているケースもありますので、事前の下調べでそうした価格もチェックするなどしておくと、交渉に使える武器になるでしょう。
交渉に成功したら、「いいんですか?ありがとうございます!」と気持ちよくお礼を言って購入しましょう。

交渉は人と人との関係によるものなので、心の中は強気でOKですが、言葉は丁寧にあくまで下手に選んで使うことが大切です。
脅迫するかのようなスタイルは絶対にとってはいけません。
相手を敵にせず、後味を悪くしない交渉で、ぜひスマートにお得を享受してください。

家電製品のお得情報
ネット通販VS家電量販店

家電を購入する際、迷うのはインターネット通販を利用するか、家電量販店を使うか、今はおもにこの2者の選 …

家電製品のお得情報
家電のお得な買い替え時期は?

新居用などで新たに家電を購入することも多くなる引越しは、案外といろいろなところで費用がかかってしまい …

家電製品のお得情報
家電リサイクル法について

引っ越しを機に買い替える人が増加 引越しで必ず問題になるのがごみや不要物です。 簡単に捨てられるもの …