照明インテリアについて

照明
インテリアQ&A

上手に間接照明を活かしましょう

オシャレな印象を引き出してくれるインテリアとして欠かせないのが間接照明です。
海外では間接照明を上手に活用したインテリアが主流になっており、日本の住宅ではあまり合わないのではないか?と思われていますが、上手に活用することでとてもオシャレな雰囲気の室内にイメチェンもできます。
照明インテリアの工夫によって今のお部屋がどのような雰囲気に変わるのか確認してみましょう。

明の種類について

室内を明るく照らしてくれる照明器具は大きく分けると2種類あります。
一般的な家庭で部屋全体を照らすものは直接照明で、直接照明の補助的な役割を果たすのが間接照明です。
直接照明は光源から直に光を当て、間接照明は壁や天井などに光を当てて反射させることで周りを照らしているという特徴があります。
直接照明の光はかなり明るいと感じるのに対し、間接照明は柔らかさを感じさせてくれる明るさという違いもあります。

間接照明を取り入れるメリット

室内の明るさを確保するためには正直なところ直接照明だけでも十分ですが、何となく人工的な照明に感じられて明るすぎるという印象を受けます。
あえて直接照明ではなく間接照明だけで室内を照らしてみるとわかりますが、部屋全体が温かい雰囲気に感じられて心が落ち着いてくるような印象を受けます。
間接照明を取り入れることでリラックス効果を得ることができるため、寝室に取り入れたり落ち着いた雰囲気のレストランなどでも採用されているのです。
リビングなどでも集中力をアップさせる効果を引き出し、夜はぐっすり眠れる環境作りを整えるためにも役立ちます。

もう一つのメリットとして考えられるのが室内空間を広く見せる効果を発揮できる点です。
間接照明は直接照明のように部屋全体を照らすものではなく、光が反射する部分を中心にぼんやりとした明かりで照らすため、陰影ができやすい特徴があります。
この結果、空間に立体感が生まれて狭い室内でも広々と感じさせてくれるメリットもあります。
間接照明をインテリアとして取り入れた結果、天井が高くなったように感じられるという方も多いです。

照明インテリアの実例

リビングで間接照明を取り入れる場合はスタンドライトがおすすめです。
天井や壁を明るくさせることによって部屋全体が広くなったように見える効果をもたらすので、あまり主張し過ぎないシンプルなスタンドライトを取り入れてみましょう。
寝室の場合は基本的に暗い空間が快眠に役立つと言われており、ほんの少しの明かりで十分だと考えられますのでフロアライトがおすすめです。
玄関に家族写真や観葉植物などを飾っている場合はこれらを効果的に演出できるスポットライトがおすすめです。

タンス
インテリアQ&A
洋服箪笥の選び方

服の収納に最適な箪笥とは 服の収納をするために箪笥を購入しようと検討している方は正しい洋服箪笥の選び …

ソファー
インテリアQ&A
ソファーの選び方

慎重な選び方が大事 リビングで主役級の活躍をする家具として忘れてはいけないのがソファです。 せっかく …

カーテン
インテリアQ&A
カーテンの選び方

部屋の雰囲気に合ったカーテン選び カーテンを選ぶ際にはサイズをしっかり合わせなければいけないとか、イ …