新生活前、忘れてしまいがちな鍵について

新生活の準備

新生活でしなければならないことといえば、どんなことでしょうか?

新居を決めて契約し、引っ越しをして電気・ガス・水道といったライフラインの開通手続きを行います。
家具や生活用品などを買い揃え、だんだん部屋らしくなっていきますね。

また引越しから一定期間以内に住民票の転入手続や、
必要に応じて国民健康保険などの手続き、
会社勤めの人なら勤務先に転居届を提出して、
健康保険や住民税などの住所地の変更をしてもらう必要があるのです。

引っ越したばかりの時は何かと忙しいです。

もっともこうした手続きはあまり漏れたりしないので、
引っ越しが初めての人でもどうにかスムーズに進んでいきます。

たとえばライフラインは使えないことには困ってしまうので、
引っ越し当日に利用できるよう自ずと準備をしますし、
生活に必要な物の買い揃えも自ら動くでしょう。

住所変更など会社や役所の手続きについても、
雑誌やネットなど引越しですることリストに紹介されていたり、
不動産屋さんや周りの人が助言してくれたりするので意外に漏れなくできます。

鍵の交換してあるか

頭がいかず忘れがちなのが、鍵のことです。
「鍵って?受け取ってるけど」と言っている場合ではありません。

新築の分譲マンションならともかくとして、
先の住人が住んでいた賃貸住宅など、鍵の交換はすんでいるでしょうか?

ごくごく稀なケースではありますが、
お金に困った以前の住人がスペアキーなどを使って侵入し窃盗や強姦などの事件を起こすことがあります。

また前の住人の恋人や親など引っ越した事実を知らずにスペアキーでいきなり踏み込んできて、
無用な他人の恋愛トラブルや親子関係のトラブルに巻き込まれるケースもゼロではありません。

賃貸借契約にあたって鍵の交換済みが条件であれば問題ないですが、
鍵の交換について確認せずに入居した場合には、不動産屋や貸主に確認を取りましょう。

そのうえで交換していないとなれば、交換してよいか相談してください。
勝手に替えるのはNGです。

不動産会社や貸主は賃貸人の管理のため、
万が一のアクシデントや事件などに備えてスペアキーを持ちますので、
管理者が開錠できない状態にすることは認められません。

自分の費用で交換してスペアキーを渡すのか、
貸主の費用として不動産会社から派遣された業者に交換してもらうのかなど手続きの流れも違いますので、
しっかり確認してください。

中古マンションを購入した際も自己所有物だからといって勝手に替えることはできないので、
管理組合に相談し管理規約に従いましょう。

オートロックだからと言って油断は禁物

なお、暮らし方についても押さえておきたいポイントがあります。
オートロックのマンションの落とし穴です。

エントランスがオートロックだからと安心して、
部屋の鍵をかけないままゴミを出しにいったり、近くのコンビニに行ったりするケースが目立ちます。

実はこの数分が大きなリスクをはらんでいるのです。
侵入窃盗の多くはこのスキを狙って、マンション内の死角に入り込んで隠れていることが多いと言われています。

オートロックだからと安心せず、常に部屋の鍵もかけるようにしてください。
こうした事柄に注意して鍵について十分に配慮し、新生活を守るため防犯対策を徹底しましょう。

今更聞けない新生活のQ&A
引越しの挨拶について

挨拶はするべきか 引越しをおこなう際に挨拶をおこなうか否かは、かつてであればほぼすべての人がおこなっ …

今更聞けない新生活のQ&A
敷金と礼金って?

敷金 部屋を借りるときにつきものの敷金、礼金の名称は知っていても、いったいどんなものなのか、なぜ支払 …

今更聞けない新生活のQ&A
住所変更等の手続きは?

引越しが決まった後、やるべきことは山とありますが、必ず知っておかなければならないこと、やっておかなけ …