引越しの挨拶について

挨拶はするべきか

引越しをおこなう際に挨拶をおこなうか否かは、かつてであればほぼすべての人がおこなっていましたので、おおなうことが常識ではありましたが、今はそうではありません。
マンションやアパートなどにおいても隣近所に誰が住んでいるのか分からず、一戸建てにおいても分からないケースもあります。
しかし、挨拶をおこなっておいて損することはないと思います。

まず、マンションに関して言えば隣近所とは音を通してのお付き合いが出てくる場合があります。
どういうことかといえば、生活音がお互いに聞こえ合うような状況になることも多いのです。
そのため、このような音が届くであろう相手には挨拶しておいたほうが、あとになってトラブルになりにくいと言えます。
顔の見えない誰かがうるさいとストレスとなり、そのことが原因でトラブルになってしまうこともあるのですが、最初にきちんと挨拶していればそういうことにはならないと思います。

そして、一戸建ての住宅に関しても同様です。両サイドや正面の家などに挨拶しておくのがベストです。
家の前で話していることもあります。
また、近所において何か有意義な情報が知り合い同士であれば伝えられることも多いので、こうしたネットワークに入っておくためにも挨拶はおこなっておくべきです。
たとえば近所に面倒な人が住んでいる場合などには早めに教えてもらうことで接触を避けるようにするなどの対処もできますので挨拶はしておくべきです。

挨拶は引越しの前がベスト

近所に挨拶する場合、マンションの場合には両隣と上下の家にはおこなっておきましょう。
特に大事になるのは、両隣と真下です。
隣は壁を伝ってその向こうにすぐ部屋があるわけですし、真下は床をはさんですぐにほかの家がありますので、ここには気をつけておきたいものです。
音を立てずに生活をおこなうことなど日常生活においてほぼ不可能となりますので、音が出てしまうことは仕方がないものの、それがトラブルにならないように最初に挨拶しておきましょう。

また、挨拶のタイミングですが、できることなら引越しの当日などにおこなっておくのがベストかもしれません。
実際に音という面で一番迷惑をかけることになるのは引越しをおこなう日です。
そのため、業者さんが作業を始めるその日などに早めにいって、挨拶しておくとベストかもしれません。

音が出てしまってからあいさつに行ってしまうと相手には既にストレスを与えてしまったあとになりますのでそうなる前に声をかけておくといいかもしれません。
今後長くお付き合いをおこなっていく以上はこうした挨拶が重要となるケースも多いので、引越しをおこなうにあたってはマナーとして覚えておきましょう。

今更聞けない新生活のQ&A
敷金と礼金って?

敷金 部屋を借りるときにつきものの敷金、礼金の名称は知っていても、いったいどんなものなのか、なぜ支払 …

今更聞けない新生活のQ&A
住所変更等の手続きは?

引越しが決まった後、やるべきことは山とありますが、必ず知っておかなければならないこと、やっておかなけ …

今更聞けない新生活のQ&A
引越し前の掃除ってどこまですればいいの?

引越しの際には、やることがたくさんあって大変です。 引っ越すために業者を選んだり、荷造りをしたり、 …