紫外線が気になる!遮光カーテンの選び方

遮光カーテンの生地イメージ
今更聞けない新生活のQ&A

『朝日や西日の紫外線が気になる』『人影が蛍光灯の光で見えないか心配』など、今使用しているカーテンの性能に物足りないと感じている人は少なくないでしょう。特に夏場は窓からの日差しが気になることも多いので、そんな時は遮光カーテンがおすすめです。

特徴

遮光カーテンとは、朝日や西日など窓から入ってくる光を遮る機能をもったカーテンです。遮光カーテンの仕組みは記事に黒糸を織り込み何枚も生地を重ねていて、中には特殊なコーティングで完全に光をシャットアウトする種類もあります。紫外線や西日で困っている人は、遮光カーテンを使用すると良いでしょう。

機能性

遮光カーテンには本来の光をカットする機能のほか、生地が厚いため部屋を暑さや寒さなどの外気から守ってくれます。さらに、生地密度が高いカーテンの種類に入るため、窓から入ってくる車や飛行機の音も遮ってくれたり、さらには部屋からの音漏れを軽減する機能も備わっているのです。
騒音が気になる人は、遮光カーテンを採用するのも良いですね。

メリット・デメリット

メリットとしては、窓の外から入ってくる光の侵入を遮ってくれる点。昼間でも夜のような環境を再現できるため、仕事で夜勤をしている人でも、寝室に使うとぐっすりと眠れます。
他にもプライバシーの保護、室内光を外に漏らさない、畳や家具の紫外線による劣化防止に役立つ、まさにオールマイティの機能を持つカーテンなのです。

一方、デメリットとしては完全に光をシャットアウトするため、部屋の中がかなり暗くなります。色合いも暗いものが多く、重いなどの難点があるので注意しましょう。
いきなり全部の部屋に1級遮光カーテンを導入するというよりも、寝室だけにするなどして、まずは一番暗くなってほしい部屋から採用していき、暗さに慣らしていくというのもいいですね。

選び方

遮光カーテンを選ぶ時は、まず購入しようとしているカーテンの遮光率を調べましょう。用途や部屋によって遮光率が変わってきますし、遮光率は1から3の等級で表現され、1級遮光の生地であれば、明かりを消すと表情が判別できないレベルまで暗くなります。
朝日や西日を遮りたければ1、2級遮光は暗すぎるので3級遮光のカーテンを選びましょう。

中には生地状だけでなく、ブラインドタイプのカーテンもあり、国内ではハンターダグラスのシルエットシェードが有名です。ハンターダグラスを取り扱っている販売店もあるので、一度見てみると良いでしょう。

このハンターダグラスの遮光カーテンは電動で上げ下げ可能で、重い遮光カーテンの開閉の負担を減らしてくれるので、取り扱いも取っても楽です。

今更聞けない新生活のQ&A
今さら聞けないこと、生活に関することについて

新生活のQ&A 楽しいこともたくさん。戸惑うこともたくさん。 そんな一人暮らしがスタートすると、「あ …

玄関
今更聞けない新生活のQ&A
新築祝いの祝儀袋の作法とは

新築祝いとは 新築祝いとは文字通り新しい家やマンションの購入時に新築を祝って親族、友人、知人を招きい …

今更聞けない新生活のQ&A
引越しの挨拶について

挨拶はするべきか 引越しをおこなう際に挨拶をおこなうか否かは、かつてであればほぼすべての人がおこなっ …