敷金と礼金って?

敷金

部屋を借りるときにつきものの敷金、礼金の名称は知っていても、いったいどんなものなのか、なぜ支払うものなのか、きちんと理解している人は意外に少ないのではないでしょうか。
何度も引越しを経験した人ならわかる事かもしれませんが、社会人になって1年目や、学生ではじめて実家から離れて生活をする人にとってはわからない事だらけだと思います。
ここでは、あらためてそんな敷金と礼金の基礎知識をご紹介します。
まず、敷金と礼金はそれぞれ性質が全く違うものになるのです。
敷金とは、賃料などの債務の担保として貸主に預けておくお金と考えればいいでしょう。
保証金としての性格をもったものです。
たとえば、なんらかの原因で家賃を払い続けることができなくなったときや、借りている部屋を傷つけてしまったときなどにこの敷金を補填します。

原状回復義務

借りていた部屋を退去するときに、借りていた者には原状回復義務といって、元の状態に戻して返す責任がありますが、その状態を取り戻すために必要となる修理等の金額を、この敷金で精算するということも行われます。
これに対し、礼金というのは昔から日本にある慣習のひとつといえるもので、部屋を貸してくれる人に対し、感謝をこめて渡すもので、その名の通り、「お礼」「礼節」のお金です。
このように敷金と礼金は意味合いが異なるお金であり、違いをコンパクトにいえば、敷金は担保として預けているお金、礼金はお礼に差し上げたお金ということになります。
この性質の違いにより、退去時には敷金では必要となった分を引いた残額が返還されるということが発生しますが、礼金にはそうしたことがありません。
差し上げたお金だからこそ、戻ってくることはないのです。
戦後の住む所さえなかなか見つけることができない状況の中、住める場所を提供してくれる方に対して、感謝の気持ちをあらわしたいというところから生まれたのが礼金という慣習だといわれています。
だから時代も大きく変化し、そうした状況下ではなくなった現在を考えると、もはやかたち上の慣例でしかないともいえます。
そうした状況を背景に、礼金0円とするケースも出てきていますが、代わりに仲介手数料をかなり高くとるといった不動産会社も見受けられますので、契約する際には注意しましょう。
短期間でかりて住むのか、長期間を想定して住むのかで敷金・礼金が無料かそうでないのかは、考えて選ばなければ損をしてしまうこともあるので、賢く利用しましょう。

今更聞けない新生活のQ&A
引越しの挨拶について

挨拶はするべきか 引越しをおこなう際に挨拶をおこなうか否かは、かつてであればほぼすべての人がおこなっ …

今更聞けない新生活のQ&A
住所変更等の手続きは?

引越しが決まった後、やるべきことは山とありますが、必ず知っておかなければならないこと、やっておかなけ …

今更聞けない新生活のQ&A
引越し前の掃除ってどこまですればいいの?

引越しの際には、やることがたくさんあって大変です。 引っ越すために業者を選んだり、荷造りをしたり、 …