新築祝いの祝儀袋の作法とは

玄関
今更聞けない新生活のQ&A

新築祝いとは

新築祝いとは文字通り新しい家やマンションの購入時に新築を祝って親族、友人、知人を招きいれ、安全で末永く繁栄を願って開かれるものです。

新築祝いにはマナーがあり、その1つとして招かれて際には新築祝いを持参することが一般的です。これは、前もって贈り物している場合でも同様で、何も持たずに訪れるのはマナー違反とされています。既に贈り物を届けている人は、祝いの席で皆で食べる食品や、室内に飾れるお花などを持参しましょう。

逆に、新築祝いで贈ってはいけないものとして、ろうそくや花火などの「赤いもの」は火を連想させてしまい、新築祝いには適していません。また、新しい家に家主以外の人が取り付けできる家具を持参してもあまり好まれません。

壁仕掛けの時計や、掛け軸、観葉植物などがそれにあたり、人によっては食器類も喜ばれません。お祝いの品を選ぶ際は十分に注意しましょう。どれにしょうかわからない場合には、現金や商品券、カタログギフトを用意しましょう。

祝儀袋について

用意する祝儀袋は、値段の程度によって包む袋も変わってきます。以下新築祝いにおいて、用意する金額の一般的な目安です。

親・兄弟などの家族:3万円から5万円
親戚:5千円から3万円
友人・知人・親友、会社の上司・同僚など:5千円から1万円

上記の金額はあくまで目安であり、家主との関連が深い場合は金額を高めに設定しても構いません。相手に気遣いをさせない程度にお祝い金を検討しましょう。

祝儀袋の書き方ですが、表書きは「祝卸新築」や「御新築祝」をのし紙の中心に目立つように書き、結び目を境に自分の名前を書き添えます。

水引の種類

水引とは、祝儀袋を結んでいるもので、「未開封」という意味を持ちます。お中元やお歳暮などにも使用されているのをみたこともあるでしょう。

和の趣を感じさせる水引はいくつかの種類があります。良く目にするのは蝶結び。蝶結びは結び直しやすいことから、何度も繰り返してほしいお祝い毎に使用されます。これとは反対に「2度繰り返さない」意味を持つ結び切りもあります。あわじ結びも同様に、結び目が複雑であることから1度切りにしてほしいイベントに使用されます。

次に、梅の花をイメージさせる梅結びがあります。あわじ結びのように複雑な結び目になっており、簡単には解けません。このことから「固く結ばれる」という意味が込められています。

新築祝いの場合には、何度も新しい家を建てることは困難ですが、繰り返してほしいという意味を持つ蝶結びが使用されます。

今更聞けない新生活のQ&A
引越しの挨拶について

挨拶はするべきか 引越しをおこなう際に挨拶をおこなうか否かは、かつてであればほぼすべての人がおこなっ …

今更聞けない新生活のQ&A
敷金と礼金って?

敷金 部屋を借りるときにつきものの敷金、礼金の名称は知っていても、いったいどんなものなのか、なぜ支払 …

今更聞けない新生活のQ&A
住所変更等の手続きは?

引越しが決まった後、やるべきことは山とありますが、必ず知っておかなければならないこと、やっておかなけ …