引越し前に断捨離しよう

整理

物が多いと、そのぶん引越し作業が多くなります。新居へ引越す前に断捨離をしておくと、引越し作業が楽になるのでおすすめです。
今回は、断捨離のメリットや作業を行なううえでのポイントについてご紹介します。

引越し費用が浮く

引越し費用は、移動距離や引越すタイミング、荷物の量によって変わります。引っ越す前に断捨離して不用品を処分すると、引越しにかかる費用を割安にできるでしょう。作業中に、使っていないブランド品を発見したら買取業者に買取依頼することをおすすめします。

個人で売買できるフリマアプリもありますが、処分に時間がかかってしまいます。買取業者に依頼することでブランド品はもちろん、複数の不用品も買取ってもらえるでしょう。
(店舗例)ブランド・金・不用品の高価買取ならエコリング
荷物を減らしたぶん、荷造りにかかる手間が減るので引越し当日の整理作業が楽になります。

引越し先に不用品をもっていかずに済む

ほとんど着ることのない衣類・使わない食器類・古くなった家電製品・もらった年賀状など不用品はたくさんあります。

あらかじめ不用品を処分しておけば、引越し先に無駄な物をもちこむこともありません。必要な物だけを身の回りにおき、新居での暮らしを気持ちよくスタートできます。

断捨離するポイント

引越し前に、家のなかをすべて整理する必要があります。効率よく作業をすすめるためにも、こまめな断捨離を意識しましょう。ここでは、断捨離するときのポイントをご紹介します。

はじめやすい場所から手をつける

部屋のなかで一番断捨離しやすい場所から手をつけましょう。

たくさんの物を一度に整理しようとすると、作業を途中で諦めてしまう可能性があります。

キッチンやクローゼットのなか、引き出しなどの頻繁に使っている場所は何が置いてあるかを特に把握しておきたいものですよね。よく使うところ・処分品が少ないところから始めると、物の処分に時間をかけることなく作業をすすめられます。手軽にはじめられそうな場所から断捨離しましょう。

迷ったら保留にする

断捨離では物を「必要な物・不要な物」を判断していきます。しかし、処分してよいか判断しづらい物もあるでしょう。迷ったら一旦保留品とします。

段ボール箱やサイズの大きいかごを用意して、一定期間なかへ入れます。もし、その期間内に使わない場合は生活で必要のない物だとわかるので処分できます。ほかにも、思い入れのあるプレゼントや手紙などは、データとして残す方法があります。

手放すことをためらわない

手放すという言葉は、使わないけれど気持ちの残っていて捨てられない物や、まだ使えるけれど今後使う予定がない物を指します。

物を大切にする意識が高いほど、手放す際にためらいを感じる場合が多いと思います。ですが、物を残すといつまでも不用品を残したままになるので、勇気をもって手放しましょう。