交渉術

賃貸物件を探し、契約して住むのならば、少しでも安くていい部屋を見つけたいですよね。
とくに家賃は一度だけ支払うものではなく、毎月継続的に払っていくものなので、支出として少しの差も大きな差になって響いてきますから、賢く節約したいポイントです。

そこで賃貸交渉のコツについて、ここではご紹介しましょう。
値下げなんて頼みにくい、そもそも家賃で交渉なんてできないのでは?と思われる方もあるかもしれません。
ですが、住まいをめぐる賃貸借は契約ですから、それぞれの合意によってむすばれるもの、十分交渉は可能であり、必要な交渉は行うべきものといえます。

入居者の交渉は法律でも認められている

建物の賃貸借について法的に定めている借地借家法においても、借賃増減請求権といって正当な権利として認められているものがあります。
この借賃増減請求権の定めによると、税金などの負担の増減があったり、土地や建物そのものの価格に大きな上昇や下落といった変動があったりした場合です。
さらに周辺の同様な物件の家賃と比較してかなりの差がある場合には、大家側も入居者側も、いつでもそれ以降の家賃の増減を請求し、交渉することが可能とされています。
そのため原則的には入居後も交渉できることになります。

しかし、契約期間中の家賃増減は行わないといった定めが最初に交わす契約にあれば、それに従わなければなりません。
契約時にはそれを確認しておくこと、またこの定めがある場合には、とくにはじめの交渉に力を入れることが重要でしょう。

交渉のコツ

交渉のコツですが相手も人間ですので、仲介者である不動産会社の担当者に詰め寄るばかりでは、単なる困りものの客になってしまいます。
上手く交渉するには、意見を押し付けないことが大切です。
相手を不愉快にさせず、自分が本当に借りたいと思う物件で、丁寧にお願いしていくようにしましょう。

物件が新築でなく、周辺の物件と比べ、設備や駅からの距離、階数、築年数、日照など周辺環境といったポイントで劣っている場合、それをもとに交渉することが可能です。
付加価値がやや低く、空室期間が長期にわたっている場合などはとくに狙い目で、貸す側にもこれ以上空けておくのは嫌だという思いがありますから、値下げを頼みやすいでしょう。

不動産会社の担当者も、そうしたケースでは交渉しに行きやすいので、お願いしてみる価値があります。
ほかには駐車場など別料金となっている物を、それも借りるので合わせた金額から数千円安くしてほしいといった交渉が考えられます。
関係性を悪くしないように注意しながら納得のいく契約ができるよう、うまく交渉してみましょう。

賃貸物件のお得情報
壁を傷つけずにインテリアを楽しむ方法とは

賃貸物件では、どうしても壁に穴をあけることができない 一部例外もあるようですが、賃貸物件ではどうして …

賃貸物件のお得情報
賃貸VS持ち家

賃貸か持ち家か、長い目で見たときお得になるのはどちらなのか、住まいに関してこれは一つの永遠のテーマと …

賃貸物件のお得情報
事故物件について

物件を探していると、事故物件という言葉を時折目にすることがあるでしょう。 事故物件とはどのようなもの …