フリーレントは要チェック!

お得な物件、こんな物件もあるようなので、積極的に探してみてはいかがでしょうか。

タダで住める!? フリーレント物件

続いては、フリーレント物件というものです。
フリー=無料、レント=借りる、の意味のとおり、フリーレント1か月と書いてあれば、
1か月は家賃が無料!というお得な物件なんです。
「家賃を支払わなくても住めるってこと?」と驚いてしまいますが、その通り。
記載してある期間は本当に家賃はかかりません。
中には6カ月なんてスゴイ物件もあるようなので、
探してみると、かなりお得に住むことができそうです。

「タダで部屋を貸す」と聞くと「一体どうして?」と理由がわからずに
不安に思う方もいるかもしれません。
このフリーレント、入居しやすくするための、
大家さんや不動産会社からの「宣伝」であることが多いです。
今空き部屋も増えている中、物件探しをしている方は、
あれこれと自分のこだわりに合ったお部屋を探して決めることができます。

そういった物件って多くの人から「いいな」と思われることが多いんですよね。
「人気のある物件にものすごく人が集まってしまう」ということ。
そんなとき、「この物件はタダで数ヶ月間住めますよ」と言われたら・・。
他に特色がなかったとしても、それが一番の「魅力」になります。
そうした効果を期待して、フリーレントを設定するお部屋が多いようです。

貸す側と借りる側両方がお得

実際に計算してみると、フリーレントのお得さがよくわかります。
家賃5万円フリーレント3カ月付きの賃貸契約を2年間結ぶ場合、
2年で支払う家賃の合計は105万円。
これを毎月支払う金額にしてみると、43750円/月になります。
毎月の家賃を5000円下げてもらうよりも、お得度が高いという結果になるんです。
これは見逃せないですね。

フリーレントは、「お得さをアピールして、入居率を高めたい」
と思う家主にぴったりの方法です。
家賃を値下げすることでお得さをアピールすると、
他の部屋の入居者からの家賃値下げ交渉も招くことになり得ます。
フリーレントを設定するのはそうした要求も出にくく、
また家主が物件を売却するときにもいろいろと有利に働きやすいようです。
なので、貸す側と借りる側、双方にメリットのある方法がフリーレント、
という方法なんです。

まだまだ居住用物件でフリーレントをアピールしている物件は
多くないという印象を受けますが、増えてきているのも事実になります。
ネットの物件情報検索などでは、フリーレント物件を検索できるような
項目もまだないので、「手軽に探せる」というものではありません。
が、不動産屋さんで「フリーレント物件はありませんか?」と聞いてみると、
出てくる可能性はちゃんとあります。
探してみる価値のあるお得物件だと思いますよ。

ただ、お得度が高い分、短期間での退去となると、短期解約ペナルティがつくことも。
入居期間が短期になることが考えられる場合には注意が必要となります。
どのような場合に違約金が発生するのか、
契約の前にきちんと確認しておきましょう。

賃貸物件のお得情報
壁を傷つけずにインテリアを楽しむ方法とは

賃貸物件では、どうしても壁に穴をあけることができない 一部例外もあるようですが、賃貸物件ではどうして …

賃貸物件のお得情報
賃貸VS持ち家

賃貸か持ち家か、長い目で見たときお得になるのはどちらなのか、住まいに関してこれは一つの永遠のテーマと …

賃貸物件のお得情報
交渉術

賃貸物件を探し、契約して住むのならば、少しでも安くていい部屋を見つけたいですよね。 とくに家賃は一度 …