こんなお得な物件も・・ゲストハウス

他人と共有部分を持つ「お得物件情報」を探す場合、
シェアハウスのほかに「ゲストハウス」という名前の付いた物件もよく見かけます。
ゲストハウスとはどんな形態の賃貸物件なのか、
またシェアハウスとの違いはどこにあるのかを説明します。

ゲストハウスとは?

まず、ゲストハウスとは。
シェアハウスと同じように、ダイニングやリビング、キッチン、バス、トイレなどを
共用部分として利用し、そのほかにプライベートスペースを確保する、
という形態の住まいです。
言葉の定義としては、シェアハウスとの間に違いはなく、
「ゲストハウス=シェアハウス」と考えていい場合も多くなっています。
もともとはゲストハウスであったものを「シェアハウス」と言った方がイメージがよく、
成約率も高くなる、といった不動産会社側の都合であることも多いようです。

が、ゲストハウスといわれる場合、
「家賃は安いけれど、内装などにはこだわらず、古く汚い」といった
傾向が強いようです。
家賃が安い分、そのほかの部分にはこだわらない、
「短期入居者用」といったイメージです。
自分がプライベートに所有するスペースも狭く限られていることも多く、
3カ月を超えて同じところに滞在をする人は、まずいないわけですね。
「お金はないけれど、とりあえず住むところを確保」といった
イメージになると思います。

シェアハウスとの違い

少し前までは、外国人の方が多いといった状況でしたが、
今若い日本人の入居も増えているようです。
「お金はないけれど、今はとにかく寝る場所があればいい」という、
若い方にも人気の形態の住まいであるようです。
住居にかける費用を自分の夢や目標のために使いたいといった方にも、
おすすめのお得物件です。
逆に、「ドラマで見たような、おしゃれで快適に、適度に人とかかわりながら、
他人と暮らしたい」と感じる方にはシェアハウスと
謳われている物件を探すことをおすすめします。
ゲストハウスと呼ばれる物件よりも家賃が高め、
周辺のシングルルームと変わらない家賃にになることも多いですが、
その分、手がかけられている物件に住むことができます。

シェアハウスと同様に、ゲストハウスも物件によって条件は様々です。
どの部分までをシェアするのか、ということも物件によって全く違ってくるので、
「自分がストレスに感じないのはどこまでのシェアなのか」ということを
しっかりとチェックしておきましょう。
シェアハウスと同様、敷金礼金などが
不必要で手軽に入居できることも多いのも魅力です。
また、ゲストハウスの多くでは、管理人がいて、
共有部分の掃除やごみ出しなどをしてくれます。
ルームシェアよりも、手間無く、他人とのシェア生活を
送ることもメリットとなるでしょう。
「なるべく安く、シェア物件を」といった場合には
「ゲストハウス」に絞って探してみるのもひとつの方法でしょう。

シェアハウスと同様、専門サイトで物件情報が公開されているものも多くあるので、
自分の条件に合うところを手軽に探せます。

賃貸物件のお得情報
壁を傷つけずにインテリアを楽しむ方法とは

賃貸物件では、どうしても壁に穴をあけることができない 一部例外もあるようですが、賃貸物件ではどうして …

賃貸物件のお得情報
賃貸VS持ち家

賃貸か持ち家か、長い目で見たときお得になるのはどちらなのか、住まいに関してこれは一つの永遠のテーマと …

賃貸物件のお得情報
交渉術

賃貸物件を探し、契約して住むのならば、少しでも安くていい部屋を見つけたいですよね。 とくに家賃は一度 …