こんなお得な物件も・・ルームシェア

続いては、「ルームシェア」についてです。
一人暮らし用のお得な賃貸物件情報を探すとき、
いろいろな点で「自分の譲れる点を探す」というのがポイントになります。
「他人とシェアする部分を持つことで、負担を減らしたい」という方法を選ぶ場合、
「シェアハウスやゲストハウスを探す」以外に、
「ルームシェア」という方法があります。

ルームシェアって?

シェアハウスやゲストハウスと違う点は、
「シェアする物件として管理会社が管理している」という形態ではないこと。
ルームシェアは、「自分の気の合う友人と金を出し合い広めのお部屋に住む」
といったイメージもあるように、
「自分でルームメイトを探す」「ルームメイト募集」という広告に応じる、
といった形態になります。

ルームシェアという方法は、シェアハウスなどに比べると、
日本ではまだあまり浸透していません。
管理会社が間に入らない分、
ルームメイトとの生活ルールや相性も重要になってきます。
「気の合う友人とシェア」「恋人との同棲」も広い意味では
ルームシェアになりそうですね。

これから、引っ越し先を探す、といった状況で「家賃の負担を減らすために
ルームシェアを」と検討するのなら、ルームメイト募集サイトをチェックしてみてください。
全国のルームメイト募集情報が気軽にチェックできます。
まだ、日本ではそれほど多くない住居形態であることなども関係し、
エリアによっては情報数そのものが少ない可能性もありますが、
「見つかればかなりお得」であることも多いです。
実際に入居を決めたら、最初にきちんとルールの確認などをしておくことが、
気持ちよく暮らすためのポイントです。
光熱費などを割り勘で負担できたり、
高額なものを貸し借りできたり、とメリットもあれこれ。
お得なこともたくさんある賃貸住宅の形態だと思います。

気を付けなければならないこと

ただ、これから物件を選ぶ。
偶然、友人と近いところで暮らすことになったので、シェアするつもりで
賃貸物件を探すということになると、難しいことも多いかもしれません。
友人同士のシェアで物件を借りることにした場合、トラブルなども想像しやすい
ものなので、大家さんからの入居審査に通りにくい、という実態があるようです。
ワンルームで二人暮らすことは不可能なので、ファミリー向けの物件を借りることに
なるわけですが、片方が退去する場合でも家賃の支払いは可能なのか、など・・。

貸す側にとっても不安が大きくなりがちです。
そういったことに理解のある大家さんの物件を契約できることになった場合、
契約は二人の名前で、保証人もそれぞれに必要、ということになるので、
そういった点も考慮しておいてください。
最初から「二人入居可」と言われている物件もありますので、
その条件を最初に不動産会社で伝え、探してもらうのがおすすめです。

様々な条件をクリアしなくてはいけませんが、
家賃などのほかに水道光熱費、インターネットにかかる費用など、
すべて割り勘で利用できるというのはかなりお得です。
気をつけなくてはいけない点も多いですが、メリットも大きいでしょう。

賃貸物件のお得情報
壁を傷つけずにインテリアを楽しむ方法とは

賃貸物件では、どうしても壁に穴をあけることができない 一部例外もあるようですが、賃貸物件ではどうして …

賃貸物件のお得情報
賃貸VS持ち家

賃貸か持ち家か、長い目で見たときお得になるのはどちらなのか、住まいに関してこれは一つの永遠のテーマと …

賃貸物件のお得情報
交渉術

賃貸物件を探し、契約して住むのならば、少しでも安くていい部屋を見つけたいですよね。 とくに家賃は一度 …