賃貸VS持ち家

賃貸か持ち家か、長い目で見たときお得になるのはどちらなのか、住まいに関してこれは一つの永遠のテーマといっても過言ではないでしょう。
どちらがお得かということを検証する場合、よくあるケースでは支払いの総額で比較がなされていますが、単純にそれだけでくらべられるものではありません。

それぞれが持つメリット、デメリット

そもそも持ち家の場合、まとまった金額が必要になりますから、支払いができるかどうかがリスクとなりますし、メンテナンスや建て替えが必要になることも考えなければなりません。
持ち家は資産と考えられやすいですが、いわば不動産投資ですので、絶対にお得になるというものでもないのです。

一方、賃貸の場合、やはり家賃が毎月かかってしまいますし、共益費や管理費などその他の費用が、長期にわたって重なってくるとばかにならない場合もしばしばです。
住まいが自分のものとして確保できていないと不安、収入が減った将来も家賃を負担しなければならないのは苦しいと考える方もあるでしょう。

このように簡単にどちらが得、どちらがおすすめとはいえないのがこの問題です。

ライフスタイルの変化に適応できるかがひとつの指針に

しかし持ち家は何百年ももつというものではないこと、せいぜい40年分ほどの家賃の前払い的なものだと考えてみると、賃貸がかなりお得にもみえてくるでしょう。
賃貸であれば引越しが容易で、どんなふうにライフスタイルや社会が変化しても、それに短期間で対応し、ベターな選択をとりなおすことができます。

一方持ち家はというとライフスタイルや社会の変化が起きた時、簡単には売却したり貸し出したり、さらに自分が新たに住むところを探したりということができるものではありません。
かなり高額でローンを組んでいると、予定よりも収入が減った時、返済が苦しくなることがあります。

また途中で家がなんらか大きな損害を被ってしまうというリスクもあります。
特別大きな損害が無くとも不動産価格の下落により、損をすることもあるでしょう。
加えて流動性のリスクとして、売却したり貸し出したりしたいとなったとき、すぐに希望者が見つかればいいですが、なかなかそうはいかないケースも多く、空白の期間が生じることがしばしばあります。
この空白期間もローンが残っていればその返済額、管理費、固定資産税などが必要になりますから、ここで予定外の出費が膨らむケースもあります。

様々なリスクを考慮に入れて考えるのであれば、結果、将来住宅を買い替えることができる、またある程度高額になっても固定資産税は十分払える、急に困るといったことはないなどの資産に余裕のある方が持ち家に向き、そうでなければその都度、自分の都合に合わせて快適な住まいを探すことができる賃貸が向くといえるでしょう。
もちろん志向の問題もありますから一概には言えませんが、リスクとメリットを理解しておきたいですね。

賃貸物件のお得情報
壁を傷つけずにインテリアを楽しむ方法とは

賃貸物件では、どうしても壁に穴をあけることができない 一部例外もあるようですが、賃貸物件ではどうして …

賃貸物件のお得情報
交渉術

賃貸物件を探し、契約して住むのならば、少しでも安くていい部屋を見つけたいですよね。 とくに家賃は一度 …

賃貸物件のお得情報
事故物件について

物件を探していると、事故物件という言葉を時折目にすることがあるでしょう。 事故物件とはどのようなもの …